おすすめ商品

クリテカ!

販売価格 500円(内税)
購入数

「映画美学校批評家養成ギブス第1期終了文集 クリテカ!」

:::::::::::::::

【目次】

●巻頭言(佐々木敦)

●王申冉
B’zヲタがにわかながら金爆を語ってみた

●越後谷研
Time is on my side. Yes, is it ?

●飯田朔
旅する「なじまなさ」―『宇宙人ポール』論

●中森夏子
胡蝶の夢2012 ―奥泉光『虫樹音楽集』をめぐって―

●萩原周平
KinKi Kids forever -Thank you for 15years- Show must go on

●數藤友亮
『みる神』 ―渡辺美優紀というイメージの源泉を求めて―

●瀧本智恵
映画「塀の中のジュリアス・シーザー」―噴き出す感情に触れる

●原田真志
さりげなくやさしい前衛 ―「隅田川野外上映会」―

●河埜洋平
「レ・ミゼラブル」はなぜ歌うのか

●岡部正裕
見たことのないものは、きっと素晴らしい。仲條正義「仲條の前半分」展

●畑雄樹
坂口トモユキ「痛車Z」 ―それは「見る」ということ。―

●赤羽広行
『あ、ストレンジャー』がいざなう解釈のワンダーランド

●西谷真理子
剥き出しの写真・写真の空間―志賀理江子『螺旋海岸』をめぐって

●廣瀬みのり
聴くコーヒー、飲む音楽

●本多克敏
インターネット2012(遠隔操作ウイルス事件:2012年10月)

●ほっかほっか亭ほっともっと
ウラジーミル・ヤノウスキー氏との交友録

●山崎健太(崎は旧字)
嘘と戯れる ―須田悦弘の演劇性―

●片上平二郎
ノー・ライフ・キングからライフ・プレイング・ゲームへ ―“誰かになること”の現在―

●映画美学校 批評家養成ギブス第1期概要

:::::::::::::::