おすすめ商品

oval『o』

型番 THRILL-JP 47 / HEADZ 143
販売価格 2,625円(内税)
購入数

※こちらの商品は[ベージュ、緑、ピンク、青]の4色のジャケット仕様となっています。
ご希望のカラーがある方は、備考欄にご希望の色をご記入ください。
ご指定が無い場合はランダムで発送させていただきます。
なお、現在在庫僅少につきご希望のカラーが品切れの場合はご了承くださいませ。


'90年代中盤、CDスキップを使用したエポック・メイキングな実験電子音響作品を世に送り出し、エレクトロニック・ミュージックの新たな可能性を提示して世界中にフォロワーを増殖させたオヴァルことマーカス・ポップ。
自らが生み出したラップトップ・ミュージックの隆盛に嫌気がさし、遂には音楽業界からも引退してしまったマーカスが還ってきた。
オヴァル名義としては2001年の『ovalcommers』以来、マーカスにとってもエリコ・トヨダとのユニット、soの2003年の1stアルバム以来となる新作アルバムはなんと全76曲収録の2枚組CD。
CD1は「ミックステープ」、CD2は「スケッチブック」と自ら称し、それぞれ性格の違う作品となっている。
マーカス自身がギターやドラムをはじめ全ての楽器を演奏し(全収録曲の作曲、プロデュースも本人)、それらを効果的にフィーチャーして制作されたトラックの数々は、これまでのオヴァルのイメージとは無縁ともいえる色彩豊かで清涼感に溢れるサウンドとなっており、懐かしさえ感じさせる。
アルバムに先行して6月にリリースされた12インチ・シングル『Oh』(1000枚限定で、発売と同時にソールド・アウトとなった)で新たなオヴァルは予告されていたが、アルバムではそのサウンドを更に深化させた。
歴史的名盤の2枚『systemisch』、『94diskont.』(Pitchforkの'90年代の100枚にも選出されている)で浸透した感受性豊かな抽象的で鋭利な電子音響の世界観を残しつつも、革新的かつタイムレスで、オーガニックかつ洗練されたサウンドを創り出している。
自らが第ニのデビュー・アルバムと位置付ける程の自信作であり、批評的でありながらも「音楽」愛に満ちた作品となった。
最近、新しい「音楽」に出会っていないとお嘆きの貴兄には必聴の作品です。


●日本先行発売
●4種類の色違いの紙ジャケット仕様
●日本盤CDのみボーナス・トラック6曲(米盤のアナログ盤のみの収録曲)収録
●日本盤のみマーカス・ポップ自身がオリジナル盤よりも遥かに音が良いと認めた益子樹によるリマスター音源を使用(曲間の指定も日本盤のみマーカスの指定通りになっています)