おすすめ商品

No.9 / mushi no ne

型番 cubic music 07
定価 2,000円(内税)
販売価格 2,000円(内税)

「ジャズとブレイクビーツの隙間から零れ出る、
   機械じかけのその音は、遠くに聴いた 虫のこえ。
    今でも静かに心を震わす、どこにもいない、不思議な蟲の囁くこえ。」
                    西山伸基(HEADZ/FADER)


 竹村延和や半野善弘の作風にも見られるジャズのマナーとヒップホップのフィロソフィをベースにしながらもどこかポップで、どこか物悲しいアトモスフィアはそのままに、WARPの作品やカラフト、ビョークの最新作のバックトラックなども想起させる破綻寸前の美しいメロディとリズム…。
 彼独特のミクロでミニマルな世界観は、ポエティック・エレクトロニカとでも呼ぶべき 2002年のネオ・クラシックミュージックになるはずです。

(No.9自身のコメント)
「前作"Calm and Ecstatic"が一枚の音楽映画であるのに対して、今回はもっと細部にこだわり、自分の音楽に対する制作者としての技術にこだわってます。"蟲の響-mushi no ne-"は、ミニマルコスモ(日本語で言うと井の中の蛙というかんじですかね)。悪い意味ではなく、各個人所有の宇宙がテーマです。例えば昆虫の唄のような・・・」

No.9:音と植物と共に暮らす。様々な日常やドラマを音で表現するアーティスト。2004年、3rd album [ micro films ]をリリースしてからまた新たな扉を開いたno.9は、Takayuki Joeのソロプロジェクト。リリカルな配置と優しい旋律が独創性と叙情性を生み出し、時に聞く人の感性を豊かに刺激する。誰にでも、どんな状況でも感じる音楽をテーマに、CM音楽や映像サウンドを日々日常からクリエイトし、ライブもApple StoreやInter BEE@幕張メッセなど精力的に音を発信する。

この商品を買った人はこんな商品も買ってます