おすすめ商品

z_e_l_l_e / rjctd::nw

型番 cubicf02
定価 2,000円(内税)
販売価格 2,000円(内税)
購入数

z_e_l_l_eはイタリア・ローマ在住のマウリツィオ・マルトゥシエロとニコラ・カタラー ノによるサウンドデザイン・ユニット。

彼らの特徴は、サウンド・アートの領域からも大きく注目を浴びた前作「nth」(LINE)でも印象的だった、全編を覆うクールでミニマルなデジタル・サウンドの質感。

本作では、それらをより高い精度にブラッシュアップさせ、かつメロディックなテクスチャーを断片的に取り入れることで、微弱ながらも一層の深みを増した静的な空間を作り上げています。

これは彼ら自身の音楽的な発展を意味すると共に、独特な発達を遂げてきたグリッチ/クリックス&カッツ/マイクロ・サウンドといったポスト・デジタル・ミュージックの領域を拡張し超越する、新たなアートフォームの可能性を明示するものです。

z_e_l_l_e:イタリア・ローマ在住のマウリツィオ・マルトゥシエロと ニコラ・カタラーノによるサウンドデザイン・ユニット。2000年より活動を開始し、01年にLINE(アメリカ)よりリリースされた デビューアルバム「nth」では、微細なサイン・ウエーブとピュアなホワイト/ピンク・ノイズが顕微鏡的世界の中で凝縮・配置された、 マイクロ・サウンドのイデア的内容で高く評価されました。

マウリツィオ・マルトゥシエロ(Maurizio Martscielo)80年代より、エクスペリメンタル・ミュージックのフィールドで、 主にパーカッションを用いた即興音楽家としてローマを拠点に活動を開始する。自身のグループ「Martuscielo」や「Ossatura」でムジカ・エレットロニカ・ヴィヴァ、ダグマー・クラウゼ、クリス・カトラー、 大友良英などと共演。一方、作曲家としてイタリア国営ラジオや実験映画のための作品等を 数多く発表し、99年にはブラジルの 「国際エレクトロ・アコースティック・ミュージック・コンテスト(CIMESP)」で セカンド・プライズを受賞する。2000年、フランスの実験音楽レーベルMETAMKINEから ソロ作品「UnsettledLine」を発表。

ニコラ・カタラーノ(Nicola Catalano)
イタリアの音楽誌「Blow Up」、「Rumore」等を中心としたメディア上で 活躍するローマ在住のジャーナリスト。イタリア国営放送曲RAIにおいて音楽番組の構成も担当しており、 リスナー的視点から世界各国のアンダーグラウンドな音楽と カルチャーを紹介している。